JYUNPYO
純氷について

© 2021 AOI ICE by AOI CO., LTD. & ZEST JAPAN GROUP

高度な衛生管理と製氷技術による
日本の純氷

①原料水
氷の原料となる水は、徹底した衛生管理のもと不純物を取り除かれたものを使用しております。

②製氷
原料水をアイス缶に注水して、約-10℃に保ったブラインという塩化カルシウムプールの中にアイス缶を入れます。圧縮空気で攪拌することで水中の空気が放出されて純水分子だけが中心に向かいゆっくりと凍っていき、24~30時間程度経過後、中央部の凍らずに残っている水を吸い取り、新たに水を注入します。これを繰り返してじっくり中心まで凍らせます。

③脱氷
製氷に48時間以上かけた後、ひび入りを防ぐために丁寧に時間をかけて脱氷、そして硬くて溶けにくい美しい透明感のある純氷がうみだされます。

安心と信頼をしていただける
品質であること

AOI ICEは、製氷工場から届いた純氷をお客様により安心してお使いいただけるために、再度検品を重ねて商品の品質管理を行っております。AOI ICEの商品をより信頼され、満足していただけるように、徹底した衛生管理のもと、長年培われてきた技能と技術を駆使して、お客様のニーズに合わせた形状・サイズへと氷を加工して、純氷の高い品質をそのままお客様の手元に届けるために厳重な温度管理も常に行っております。

今後も純氷を中心とするAOI ICEの商品に対して、お客様のより大きな信頼を築いていくために、スタッフ一同が安全・品質の意識向上と改善に取り組んでいくことをお約束します。